本文へ移動

牛乳パック

牛乳パックの回収

近郊のスーパー、ケーキ屋さん、商店街の皆様方や、小学校のご厚意にて収集したものを、利用者さんと一緒に回収しております。回収したものは、紙すき商品や、大分製紙さんにてトイレットペーパーに生まれ変わります。

牛乳パックの整理

回収した(いただいた)、牛乳パックをゴミなど入っていないか確認しながら整理している所です。

煮炊き~ビニールはぎ

鍋に牛乳パックと重曹を入れ、じっくり煮る事で、ビニールと紙の分離がきれいに出来るようになります。それを、じっくり剥いで行きます。

紙ちぎり

ビニール剥ぎをした紙を、丁寧に細かく手で、ちぎって行きます。

ミキサーかけ

さらに細かくするために、ミキサーを使用します。
※色を付ける際は、紙テープをちぎり、一緒にミキサーにかけます。

紙すき作業

いよいよ紙すきです。専用の入れ物(すくえる位の大きなもの)と紙すき道具を使って、様々な大きさ(はがき、A4、A3)の物を作ります。紙すきの中には、水のりやケナフ(繊維が非常に強い植物)を入れて、よくかき混ぜて、だま(小さい固まり)にならないようになじませます。厚さは、用途に合わせて、はがきなら厚めに、押花しおり、ランチョンマット等は薄めに作ります。
 

天日干し~乾燥

すくった紙すきは、天日干しで乾かします。乾かしすぎないようにするのがポイントです。

アイロンかけ~仕上げ

乾かした紙すきを、一枚一枚丁寧に、アイロンかけ(プレス)して完成です!
左の写真は、カレンダーです。その他に、はがき、しおり、ランチョンマット、コースター等があります。
 
社会福祉法人みちくさ
〒828-0021
福岡県豊前市大字八屋1800-8
TEL/FAX .0979-83-2477
 
多機能型施設あごら
TEL.0979-64-8028
0
0
5
7
8
4
TOPへ戻る